美容と健康と若さ

美容と言ってもいろいろありますが、女性が日々気にしたり、気を遣っていることだと思います。
ダイエット、肌の状態、ムダ毛のことや、美容整形などもその一つではないでしょうか?
美容と健康と若さ
気持ちの中に、美しくなりない気持ちが、そうさせているのだと思います。
しかし、美容意識することは、健康も意識することになると思っています。
私は、美容と意識することで、少しでも若さを保つことになるとも思います。
誰しも、いつまでも若くありたいと思ったことがあるのでは、ないでしょうか?若さを保ちたい気持ちに必要なのが、美容と健康ではないかと考えています。なかなか、その二つ実行することは、忙しい毎日の中で、難しいのではないかと、おもわれます。
私も忙しい上に、面倒くさがりで、思いとは別に実行できないことが現実です。その中で、私なりにしていることは、食事で、必ず三大栄養素をとることです。その中で、ダイエットもへいこいしています。
例えば、朝は炭水化物を摂取しますが、それを エネルギーにかえるために、蛋白質をとります。
お肌のために、ビタミンを摂りたいのですが、朝から、準備するのが面倒なため、摂れなかったり、野菜ジュースですませたりしています。ですが、ヨーグルトは、自分も食べたいのもあり、必ずたべます。
あとは、適度な運動を心がけています。
仕事でも、そこそこ運動量がありなすが、スポーツジムにかよっています。
筋肉量を維持し、体内循環よくすることと、消費カロリーの増加つとめています。
それに加え、女性なので、肌にもきをつけています。基本的には、化粧品や日々のマッサージなどです。
油断するとすぐに、肌トラブルにを起こしてしまうので、面倒くさがりのわたしはたいへんです。
美容イコール、健康と若さの維持。うまく、実践していければ、いいことばかりなのですが、なかなか続けることは困難だと思います。
楽しくできることが、本当はいいのですが、生活に追われているのが現実です。

ムダ毛との戦い

私は、昔から毛深い体質でした。
小さい時は、自分では気にしていませんでしたが、女の子だからと親が気を使い、眉がつながらないようにと顔をたまに、カミソリでそってくれていました。
中学生になり、自分でもムダ毛が気になりだし、同級生の「毛深いね。」の心無いひとことで、さらに気にするようになりました。
カミソリで剃ったり、除毛フォームなど使いましたが、根本的な解決にならず、悩みは続きました。
高校生になり、親に脱毛器を買ってもらい、自分で脱毛していましたが、痛みが強い上、脱毛後には太い毛が生えるようになり、悩みが増すばかりでした。
大学生になり、ネットで塗るだけでムダ毛が目だたなくなるローションや、使っているうちに、ムダ毛が生えなくなるという除毛剤を買って使用したり、イソフラボンが良いと聞けば、豆乳を飲んだりと、涙ぐましい努力を続けていました。
しかし、努力の甲斐なく、私のムダ毛は、薄くなることさえありませんでした。
やがて社会人になり、あるとき後輩から、一緒に脱毛サロンに行かないかと誘われ、脇だけの安いプランで施術してもらいましたが、個室で3、4人に囲まれての拷問の様な無理な勧誘と、化粧品を買わされるという恐怖で、途中で行けなくなってしまいました。
その後、友人から大手のサロンで、無理な勧誘もされず、良心的な料金でやってくれるところがあると聞き、早速通うことにしました。
友人のいう通りの、良い脱毛サロンに通うことができ、私は、やっと長年にわたるムダ毛との戦いに終止符を打つことができました。
ムダ毛との戦い

自己処理で脱毛するよりサロンでの脱毛がオススメ

カミソリや毛抜きやその他もろもろの自己処理道具を使って脱毛をした場合には、メリットもありますがデメリットもあります。
それをご紹介して行きましょう。
自己処理で脱毛するにはメリット&デメリットあり!
これらの自己処理道具を使えば低価格でムダ毛を処理できますね。
カミソリや毛抜きはそんなに高価なものではありません。
だから自己処理で脱毛した場合は安く脱毛処理できるのです。
ただこの方法はメリットよりもはるかにデメリットが多いのですよ。では自己処理で脱毛した場合のデメリットもご紹介して行きましょう。
まず「肌が荒れる可能性あり」ということです。カミソリや毛抜きで自己処理する場合は肌に負担がかかります。
刃物であるカミソリで肌を削ったり、毛抜きで毛穴の奥底からムダ毛を引きちぎって毛穴を傷つけたりなど肌への負担がハンパありません。
これを何度もやっていたら肌はどんどん傷ついて「黒ずみ」や「色素沈着」などの治りにくい肌荒れの元になります。
だから自己処理で脱毛をするのはデメリットなのです。
肌が荒れるというデメリットは女性なら本当に避けたいデメリットではないでしょうか?
それから自己処理で脱毛をする場合には時間も使います。
カミソリならともなく、毛抜きでの脱毛ともなると相当の時間が食われます。
処理にすごく時間がかかってお金の代わりに時間を消費させられるのです。
これが自己処理で脱毛する際のもう一つのデメリットです。
このような理由で自己処理の脱毛はあまりオススメできません。
以上のことを見ても、やはり自己処理でリスクを冒すよりは、脱毛サロン等でプロに脱毛を任せる方が安全だと思います。

まずは一度脱毛サロンでカウンセリングを行い、詳しい話をのスタッフの方に聞いてみるといいと思います。

ちなみに私は次のサイトで心斎橋周辺の脱毛サロンを吟味しました。
心斎橋の脱毛サロン口コミ情報

自分にあった脱毛サロン選びに是非参考にしてみてください♪

光アレルギーのことで

光アレルギーのことで
自宅で自分ができる家庭用脱毛器の出力をあげ過ぎて発疹が出てしまう方も多く、肌トラブルが心配なら、クリニックで相談を。
優良なところは、よく肌の状態を見て、レーザー照射してくれて、発疹ができるリスクが低いです。
色素沈着ができややすい方も発疹ができ安い方もクリニック選びがだいじで、口コミ情報もチェックしていいところをさがしましょう。
エステやクリニックでされる方法に特殊な光をつかうものがあって、日光にアレルギーを持ってる光アレルギーの方は、エステでの脱毛ができないと不安に思っている事でしょう。
光アレルギーは、紫外線な肌に当たってかゆくなって着て、そうした状態になるなら、脱毛が難しいです。
そもそも光アレルギーはどういった症状かと言えば、光線過敏症と呼ばれるアレルギーで、浴びたときに皮膚がアレルギー反応が出て、ひどいとき水膨れになったりします。
日の光を浴びればすぐ肌が赤くなったり、熱がこもったら、光アレルギーの可能性がありますから、病院にいて下さい。
医療脱毛で使われる光は紫外線でなく赤外線で、光アレルギーの人手も平気です。
ですが、注意する琴は紫外線でなく光自体アレルギーがある方。
紫外線のアレルギーを持ってる方に比べ稀ですが光自体アレルギーがある方もいて、そうした方は、紫外線がふくまれるかは関係なく、アレルギー反応を起こしてしまうことがありますから、注意しましょう。